カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


夫婦問題・離婚問題専門カウンセラー

高草木 陽光(たかくさぎ はるみ)です。




離婚調停や婚姻費用分担請求調停

養育費請求調停、夫婦円満調停など

色々な調停がありますが

調停は、話し合いの場であって 

裁判ではありませんから

勝ち 負けを決めるものではありません。



しかし、調停委員に話す内容や

話しの仕方によって

どちらが 有利になるか不利になるかが別れてきます。



調停委員は あくまで 中立な立場で

お互いの話しを聞き、相手に伝えたり

希望によっては伝えなかったりします。



まずは、その調停委員に

「今、自分が どんな辛い立場にいるか」を

理解してもらわないといけないわけです。



そこで、ポイントとして・・・

例えば 離婚調停を申し立てた場合

「坦々と事実だけを並べて話しをすれば、きっと解ってもらえる」

と思っている方・・・

「私は何も悪いことをしていないのだから、話せば解ってもらえる」

と思っている方・・・

要注意です!

いくら 調停委員が中立とは言え

彼ら彼女らも人間です。



もちろん、ウソをついてはいけません。

でも・・・

事実を正直に 包み隠さず 全て話す必要もないのです。

つまり・・・

自分に不利になるようなことは

あえて 話さなくてもいいわけです。

その代わり

自分にとって有利になることは

大げさくらいに話をすることです。



相手の悪口は厳禁です。

悪口にならない程度の悪口?

つまり・・・

「相手は こんなに酷い人」

という事実を大げさに話すようにすればいいのです。

そして、その時 自分は どう思ったか・・・

「これくらい辛かった」「苦しかった」など、大げさに

自分の心情を必ず盛り込むようにします。



調停は、勝ち負けじゃないけれど

自分有利に話が進み

「勝った!」という気分を味わうのは自由です。

自分の幸せの為に

あらゆる努力は必要だと思います。



初回の調停期日が決まったら

その日時に間に合うように

「陳述書」を作成し

家裁へ郵送しておく方が

調停委員に 内容を把握してもらいやすくなります。



HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ



にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村














コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |