カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


夫婦問題・離婚問題専門カウンセラー

高草木 陽光(たかくさぎ はるみ)です。




離婚調停第2回目の当日



恵子さんは、この日が来るまで悩み続けました。

もう、夫の事は信頼出来ないし

思いやりの かけらもない夫と

これ以上関わりたくない・・・

あの夫のことだ・・・浮気相手の時のように800万円なんて

私には 絶対に支払うわけがないだろう。

こうなったら、100万円でも出すと言っている今に、

離婚してしまった方が、自分の為でもあるかも知れない・・・



恵子さんは、離婚を決意し

そして、調停に臨みました。



席に着くなり、調停委員は恵子さんに こう言いました。

「今日は、ご主人は来られないみたいです。

実は、離婚調停を取り下げたいと連絡がありました。」



恵子さんは、最初 意味が分かりませんでした。

「離婚調停を取り下げたい?」

と言う事は、離婚をしたくない・・・ということ?



離婚を決意してきた恵子さんにとっては

この気持ちを何処にぶつけていいのか分からず

しばし呆然とし、そして、調停委員に

今までの思いを吐き出すしか方法が見つかりませんでした。



苦痛だった調停が、これで終了しました。

しかし、恵子さんにしてみたら

なんだか 腑に落ちない、後味の悪い幕引きでした。



そして、調停で決まった事といえば

「毎月1万円」というバカにした金額の婚姻費用だけです。




離婚を決意したのにも関わらず・・・

散々、夫に振り回され・・・

結果、離婚も出来ず・・・



恵子さんは、体調を崩し

家の中で ふさぎ込む日々が続きました。

乳がん発覚から数年経った今も

薬を飲み続け、そして 通院もしています。

過度なストレスが身体にも良くないことは分かっています。



そんな 恵子さんを見兼ねて

友人が、仕事を紹介してくれることになったのです。

「元気になって、仕事もして、それから今後を考えよう!」

そう思えるように少しずつ変わっていきました。



仕事をし始めたら、夫のことで悩んでいる暇はなく

色々と覚えることがあり過ぎて

それだけで 1日1日が過ぎて行きます。

仕事に集中することで 

恵子さんは、今までの苦しかったことや

夫への怒り、過去の生活への未練を忘れることが出来たのです。



あれから2年・・・



恵子さんは、重要な仕事も任されるまでに成長し

今では、責任者として毎日忙しい日々を送っています。



別居状態が続いている夫ですが・・・

生活は荒れ

仕事も最近では上手くいっていないことを

共通の知人から聞きました。

「寄りを戻したい」とも言っていたと・・・



そのことを知った恵子さんは

「冗談でしょ~!? 寄りを戻す気なんて さらさら無いわ!

近々、離婚調停を申し立てようと思っていたところよ!」

と言って、大笑いしたのでした。



恵子さんは、すっかり元の自分を取り戻し

前向きに自分の人生を考えられる人になっていました。

過去の華やかだったころの生活

夫に頼り切っていた生活

苦しさに耐えられず引きこもっていたころの生活

何もかもが、今となっては他人の事のような気がすると・・・



現在、恵子さんは 離婚調停に向けて準備中です。















コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |