カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


4月4日午後2時過ぎ、京都府舞鶴市の舞鶴文化公園体育館であった大相撲の春巡業でのこと。

土俵上で挨拶をしていた多々見良三舞鶴市長が突然倒れた。

その様子が、ネットやテレビで流れてきて、思わず見入ってしまった。



5〜6人の男性関係者が土俵に上がったのはいいが、痙攣している市長を”ただ見ているだけ”!



そこへ1人の女性が土俵に上がり、ボーッとしている男連中をかき分けて、すかさず心臓まっセージ。

もう1人の女性も応援に駆けつけ、そして、さらに2人の女性も駆けつける。



動画を見るかぎり、そこにいる「男たち」は、市長の命を救うために積極的に動けていないのは明らか。

見ているだけで、じれったいし、イライラする!



それに対して、土俵に上がって蘇生をする女性はヒーローであり、誰の目にも頼もしく映ったに違いありません。



そこで、その後に流れたトンデモないアナウンスに、怒りを通り越して、ズッコケそうになったわ!!

ひ、ひどい、ひどすぎるアナウンス・・・



「女性の方は土俵から降りてください」




なんじゃそりゃ!?



「行司が動転して呼び掛けたものだった」とか「観客に言われて」とか、いろいろ言われているけれど、大手ハンバーガーショップのような「他に、〜はいかがでしょうか?」みたいなマニュアル通りではなくて、現場を見て的確な判断をすることが必要なんじゃないの!?



「伝統」も、もちろん大事です。

大事ですが、人命に関わってくることに関しても「伝統優先」なのでしょうか?

その「行司」を責めるのではなく、相撲協会全体の見直しが必要なのではないかと感じます。



言葉は悪いですが、久しぶりにムカついた出来事だったのでブログに書いてみました。

市長は、くも膜下出血だったそうですが、一命を取り止めて本当に良かった!!



死亡する確率が高い くも膜下出血ですが、あの女性たちの迅速な行動がなければ、最悪な状況になっていたかもしれません。

自分の身内のことだったら・・・と考えると、女性たちの勇気ある行動になんとお礼を言っていいのかわかりません。

みなさんは、この件に関してどのように感じますか?




===============

メルマガ登録はコチラからお願いします!
↓   ↓   ↓
夫婦のための「読むカウンセリング」

※ 下記のアドレスが届くようにスマホ、PCの設定をお願いいたします。
↓   ↓   ↓
haru-counseling@sweetheart-ex.com 
 
==================== 
 
116021713458ec30db0ed75-resize.jpg
アマゾンを見る
「なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか」
(左右社)


カウンセリング、ご相談のご予約はコチラ



にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村



恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ








コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |