カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


夫婦問題・離婚問題専門カウンセラー

高草木 陽光(たかくさぎ はるみ)です。




離婚の協議がなされ、養育費や慰謝料についても

支払う金額が決まり、相手の合意が得られたからといって

ホッとしている場合ではありません。



特に 長期に渡って 支払が続く養育費は

いつ支払いが滞ってしまうか分かりません。

慰謝料や財産分与も、分割で支払うということになった場合

相手が今後も ずっと払い続けてくれるという保証はありません。



離婚することが決まり、金銭に関することもお互い合意できたら

「離婚協議書」を作成する人も多いですが

確実なものにしたければ 

離婚協議書を「公正証書」にすることをお勧めします。

「強制執行認諾約款付公正証書」
(きょうせいしっこうにんだくやっかんつきこうせいしょうしょ)と読みます。

このように 強制執行認諾の文言を入れることにより

将来的に支払いが滞った場合 

相手の給料や財産を差し押さえすることが出来ます。



「離婚協議書」と「公正証書」は、どう違うのか?

それは 効力が全く違います。

離婚協議書だけだった場合は

もし 支払いが滞った場合、調停や裁判を起こして

相手に支払い義務があることを納得させないといけません。

しかし、「公正証書」にしていた場合は

調停や裁判を起こすことなく強制執行することが出来るのです。



お子さんのため、自分のためにも

将来 困ることのないように

勢いだけで離婚届けに判を押すなんてことがないように

気を付けましょうね。


HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ



にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |