カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


私のところには、「子どもが問題行動を起こす」という内容で、ご相談にいらっしゃる人もいます。

どんな「問題行動」かというと、たとえば・・・


・親の財布からお金を盗む
・万引きをする
・友達とケンカをして怪我をさせる
・不登校
・暴言・暴力



子どもの年齢にバラつきはありますが、主に上記のような内容です。


みなさん、お子さんを愛しているからこそ、「なんとかしたい」という思いでご相談に訪れるわけです。


「どう改善したいのか?」ということをお訊きすると・・・


・親の財布からお金を盗まない子どもになってほしい。
・万引きをしない子どもになってほしい。
・友達に怪我をさせない子どもになってほしい。
・毎日学校に行く子どもになってほしい。
・暴言、暴力をしない、優しい子になってほしい。



当然だと思いますが、このような返答が返ってきます。


「今まで、どのようなことをしてきたのか?」ということをお訊きすると・・・

ほとんどの親御さんが、「散々、ケンカをしないように言って聞かせました」とか、「〜することは悪いことだと言っています」とか、「学校に行くように言っているんですが、言うことを聞かなくて・・・」とか。


正直、それで改善に繋がったら奇跡でしょう。

一時的には、「治ったように見える」かもしれません。


「〜しないように」ということを「言って聞かせる」ということは、子どもを「コントロールしようとしている」ということに他なりません。


それは、親であるあなたが、子どもが問題行動を起こすに至った「根本的な原因」を全くわかっていないということです。


あなたは今まで、お子さんの話を聴いてきましたか?

「聞く」ではありません。

「聴く」ことをしてきたか?ということです。

「聴く」ということは、「受け止める」ということです。


途中で話を遮って、自分(大人)の意見を押し付けたり、「危ないからやめなさい」とか「それには反対よ」とか・・・そんな否定的な言葉を言っていたりしませんでしたか?


そう言われ続けた子どもは、自分の「存在価値」を見失います。

そして、「愛されていない」と感じます。


子どもの「問題行動」は、「親」へのメッセージなのです。

もっと、話を聴いてよ!」

「自分を認めてよ!」

「尊重してよ!」

「愛してよ!」



お子さんの問題行動をやめさせるためには、あなた自身が、子どもと「本音」で向き合っていくことが何よりも大事なのです。




===============
【電子書籍が発売になりました】

なんと、37ページ分が無料で「試し読み」できます!

116021713458ec30db0ed75-resize_20171029163720946.jpg


コチラから
↓ ↓ ↓
試し読み

===============

メルマガ登録はコチラからお願いします!
↓   ↓   ↓
夫婦のための「読むカウンセリング」

※ 下記のアドレスが届くようにスマホ、PCの設定をお願いいたします。
↓   ↓   ↓
haru-counseling@sweetheart-ex.com 
 
==================== 
 
116021713458ec30db0ed75-resize.jpg
アマゾンを見る
「なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか」
(左右社)


カウンセリング、ご相談のご予約はコチラ



にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村



恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ









コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |