カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


夫婦問題カウンセラーの、高草木陽光
(たかくさぎ はるみ)です。


夫の浮気癖に さんざん悩まされ

何度も何度も話し合いを重ね

その度に喧嘩になって

今では もうお互い 開き直りと諦めの世界・・・


かといって・・・

離婚に踏み切る勇気も経済力もない

夫のことは、今日から"いないもの"として諦める

まぁ、多少のお金を毎月運んできてくれるし・・・


これからは、全ての愛を"子供"に注ごう

私には、もう"子供しかいない"

子供には、夫のような大人になって欲しくない・・・




このような思いから

自分の子供を溺愛しながらも

"夫のような大人"にならないよう

子供を、自分の思い通りにコントロールしようとする

間違った子育法が確立してしまう。

いわゆる「過干渉の母親」の出来上がりということだ。

(注:全ての人がこうなるわけではありません)



過干渉の母親は、子供を"一個人"として見れなくなり

"自分のもの"と勘違いしてしまう場合が多い。


その結果、子供自身の自主性や思考は否定され

母親の言動や思考が正しいと教えられ育つ。



恐ろしいのは

母親自身が、"間違った教育をしている"という意識がないこと。

それに加え、子供自身も"これが当たり前"として成長してしまうこと。



そのような母親に育てられた子供が、やがて大人になる。

小さい頃から、母親の言う事には逆らえず

母親の言う事だけが正しいと教えられてきた・・・

自分の気持ちや、考え、意見も言えず、決断も出来ない。



母親の希望通り"夫のような大人"ではない大人が出来上がった。

夫のように、人なつこっく話好きでもない

女性に好意を持たれるどころか

女性と話すことも出来ない・・・

やっと彼女が出来ても、何かと母親に意見を求めてしまう。



子育てに、成功も失敗も無い。

しかし、この母親にとっての成功が

「"夫のような大人"にならないように育てること」だとしたら

ある意味、それは大成功だったと言えるのかも知れない。



元はと言えば、夫婦2人の問題から始まったこと・・・

間違った判断をすることで、長い年月をかけ

新たな問題を引き起こしてしまうこともあるのです。


HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ



にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

























コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |