カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


夫婦が離婚することは仕方のないことです。

家庭のなかがピリピリしていたり、夫婦喧嘩が絶えない環境におかれたりする子どものことを思うと、離婚しない夫婦のほうが「悪」のようにも感じたりすることもありますから・・・。


離婚することによって子どもを引き取ることになった親のほとんどは、「これからは自分1人で子どもを育て上げないといけない」という気持ちでいます。


今まで私もカウンセリングの際、離婚を決断して子どもを引き取ることになった相談者には、そのような意識や覚悟が必要だということをお伝えしてきたこともあります。


しかし、夫婦が離婚しても、子どもにとって「親」は一生変わらないのです。


そう考えてみると、自分たちが離婚したからといって、どちらか一方の親が今後の子どものすべてのことに責任をもつことや、引き受けること自体が「不自然」のように感じます。


つまり、離婚後も「子どもの養育」には、元夫(元妻)も当然”関わるべき”だと思うのです。


現実的に多いのは、妻と子どもが一緒に生活していて、離婚した夫は子どもに会わせてもらえない・・・とか。

養育費を支払っていないとか。

養育費を支払っていても、子どもに会わせてもらえない父親も多いのが現実です。


子どもを引き取った母親側は、自分1人で子どもを立派に育てようと必死に働き続けます。

そこには、元夫と自分だけの「感情」の問題が絡んでいることが少なくありません。

自分は、元夫と関わりたくないのです。

そして、子どもの感情を見て見ぬ振りをしてしまうのです。


あなたと元夫との間の感情と、子どもの感情は別だとうことを、もっと冷静に考えていただきたいのです。


離婚をしても、子どもと元夫を会いたいときに会わせ、子どもの将来のことを時々話し合い、必要な教育費をお互いのできる範囲のなかで捻出していける関係を作り上げることが、「子どものためにできること」ではないかと思うのです。


離婚してお互い憎しみ合う元夫婦もいます。

ですが、子どものため、自分のためと思うならば、離婚後の「歩み寄り」は、誰にとっても「損」ではありません。


今からでも、「子どもの親」としてのタッグを組むことは可能なのです。




===============

メルマガ登録はコチラからお願いします!
↓   ↓   ↓
夫婦のための「読むカウンセリング」

※ 下記のアドレスが届くようにスマホ、PCの設定をお願いいたします。
↓   ↓   ↓
haru-counseling@sweetheart-ex.com 
 
==================== 
 
116021713458ec30db0ed75-resize.jpg
アマゾンを見る
「なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか」
(左右社)


カウンセリング、ご相談のご予約はコチラ



にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村



恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ






 | ホーム |  次のページ»»