カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


おはようございます。

高草木 陽光(たかくさぎ はるみ)です。




私の友人Aちゃんが離婚をしてから

もう10年くらい経つだろうか・・・



当時 子供は小学生

甘えん坊で 恥ずかしがり屋な男の子だった。


離婚したからと言って

誰もが養育費を受け取っているわけではない。

養育費は子供の権利なので もちろん受け取る権利はあるが

元夫と出来るだけ関わりたくないという妻も多いし

養育費を受け取りたくても支払ってくれない人も多いのが現実。


友人のAちゃんも その中の一人で

養育費を貰うことなく子供を育ててきた。




Aちゃんは いつも お金に苦労していた。

朝から晩まで働いて

「布団で寝ると朝起きれないから」と言い

リビングの床の上がAちゃんの寝床だった。


日々の生活費を稼ぐのに精一杯の毎日

贅沢をする余裕は全く無い

もちろん 子供を塾に行かせるなんて余裕もあるはず無かった。


でも AちゃんとK君は いつも元気で明るかった。

K君は友達も多く サッカーが好きで 勉強も良く出来た。



K君が 中学生になった頃 

やんちゃ心に火が付いた時もあった。

自宅で 友達数人とタバコを吸っていたという。

それを目撃したAちゃんが発した言葉は

「いくらでも吸え!ケツから煙が出るまで吸えばいい!」


それを聞いた時 Aちゃんらしいなぁと思い笑ってしまったが

「タバコを吸うのは止めなさい」という言い方をしないところが

Aちゃん流子育て法なのだ。


そんなK君の成績が 常に学年トップクラスだったのも 

Aちゃん流子育て法の結果なのかも知れない。


今まで 塾に一度も行ったことがなく

家で勉強している様子もないK君

Aちゃんが K君に 常に言ってきたことは ただ一つ

「集中して先生の話しを聞きなさい」

「集中 集中・・・」


小さいころから母親に言われていた「集中する」という事を

K君は守り続け いつしか自然に身についていたのだ。


当然 有名大学へ進学するのだろうと思っていたが

K君が自分で選んだ道は「就職」だった。

早く"かあちゃん"を楽させてあげたいのだと言う。


現在は地元を離れ

寮に入り「東京消防庁」で頑張っている。

一回りも二回りも逞しくなったK君に また会いたい。


HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ



にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村























 | ホーム |  次のページ»»