カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 - - - -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


夫婦問題・離婚問題専門カウンセラー

高草木 陽光(たかくさぎ はるみ)です。




主人在宅ストレス症候群とは・・・

今まで仕事一筋で 趣味もなかった夫が

定年退職することによって

1日中家にいる環境になります。

その結果 妻を束縛することになり

妻のストレスが 何らかの病気になって

表れてしまうことを言います。



専業主婦は特に大変です。

今まで自由に使っていた昼間の時間帯にも

常に 夫が居るのですから・・・



自分一人の時は 残り物で済ませていた昼食も

夫が居るために きちんと作らなくてはいけないし

掃除するにしても 朝からゴロゴロしている夫が邪魔



夕飯の買い物に行くにも 付いて来るし

気分転換に友達と出かけようとしても

いちいち

「何処に行くんだ?」「何時に帰るんだ?」って聞いてくる。

「俺も一緒に行こうかな・・・」なんて言われた時には

「冗談じゃない!!」って感じです。



夫本人は悪気は無いのでしょうが

無意識の「束縛」によって

妻の心と身体は ボロボロになってしまうのです。



うつ病 胃潰瘍 パニック障害・・・など。

私の友達は 夫の定年退職後

円形脱毛症になってしまいました。

しかし その後 夫が新たな仕事をし出すと

とたんに 改善してしまったのです!



主人在宅ストレス症候群は

夫が定年退職した時だけ発症するとは限りません。

残業カットのため 早く帰宅する夫に対しても

ストレスを感じる妻も多いことでしょう。



夫の帰宅時間が近付くと

心臓がドキドキする

血圧が上がる

吐き気がする

頭痛がする

そんな症状が出る人も

「主人在宅ストレス症候群」なのかも知れません。



改善する一番の方法は

夫と必要以上に接しない・・・

距離を置く・・・

以外思いつかないのですが

やはり お互い話し合い

夫自身に「無意識の束縛」をしないよう

理解してもらうのが良いと思われます。



夫は 妻に甘えるばかりではなく

もっと「自立」して欲しいものです。

「手が掛る夫」よりも

「手が掛らない夫」でいる方が

夫婦円満でいられること間違いなしだと思います。


HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ


にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村








 | ホーム |  次のページ»»