カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


夫婦問題・離婚問題専門カウンセラー

高草木 陽光(たかくさぎ はるみ)です。




栄治さんは精神的に苦しめられます。

信じていた妻は お金にしか興味がない モンスター女

おまけに 妻の家族も お金を請求してくるモンスター

信頼関係があるなら こんなことにはならないはず・・・



今までの交際期間は いったい何だったのか?

僕の結婚は いったい何だったのか?

考えれば考えるほど 解らなくなり

そして 妻と その家族に無性に腹が立ってきました。



妻の父親は、素直に離婚に応じることはなく

離婚調停を申し立てて その中で 栄治さんに慰謝料請求する・・・

というようなことを言ってきたのです。



栄治さんは 妻の父親に ハッキリ伝えました。

「調停でも裁判でも どうぞ好きなようにしてください。

しかし、こちらとしては慰謝料を請求される覚えはありませんし、

慰謝料を支払う理由もありません。

離婚には すぐに応じるつもりです。

調停や裁判になって困るのは お宅のお嬢さんではないのですか?」



妻の花江は 数年前にも 婚約していた人がいたが

自分から破談にしている・・・

問題ばかり起こしている 本物のモンスターなのだ。



数日後 栄治さんが帰宅すると

新居にそのままになっていた 妻の荷物と

冷蔵庫などの家電やカーテンなども一緒に

キレイに無くなっていました。



それに加え 嫌がらせなのか?

栄治さんのベッドは 

使用できないくらいに

バラバラに分解されていたのです。



その後 すぐに 妻から こんなメールが届きます。

「調停はしたくないので、離婚届に判を押してください」



離婚調停をする意味がないこと

自分がマイナスになることを悟ったのか

妻は「離婚届に判を押してくれ」と言ってきたのです。



栄治さんは  もうこの時には 一切 妻を信用していなかったので

妻だけに離婚届を委ねることは考えられませんでした。



後日 栄治さんと妻は 一緒に役所へ向かい

そして 離婚届を提出しました。

目の前で 離婚届が受理されるのを見て

栄治さんは ホッとしたと同時に

何とも言えない感情が込み上げてくるのを感じました。



これで あの モンスター妻と縁が切れた・・・



しかし これで終わりではなかったのです。

離婚後も妻から「以前に私が支払っておいた○○の代金を返せ」と

メールが届きます・・・



栄治さんは この モンスター家族のことを早く忘れ

そして 自分の元の生活を取り戻すことに専念したいと頑張っています。



この結婚は 栄治さんにとって 災難ではありましたが

この経験が いつかきっと良い方向に活かされることと信じています。

栄治さんの毅然とした態度が、思ったより早く相手に「離婚」を

決意させた決め手だと思います。

ひとつ残念なことは「2人の結婚」なのに

妻本人の本心が最後まで分からなかったことです。

まるで 妻の父親と結婚していたかのようです・・・

まぁ、妻が本気で この結婚を考えていたなら

最初から こんなことにならなかったと思うので

結局は 妻の「結婚」に対する意識が 大きくズレているということです。

要は やはり「モンスター」だった・・・ということです。



今後は 今の会社を もっともっと大きくするために頑張って

そして 素敵な彼女を見つけてほしいです。

栄治さんには まだまだ若さもパワーもあります!

とっても誠実で まじめで 爽やかな青年です。

今回は 優しすぎて繊細な部分が裏目に出てしまったのでしょう。

今度 恋愛する時は もっと自分をさらけ出し

本音でぶつかり合いましょう!

陰ながら応援しています。



今回このブログを掲載するに当たり 

ご協力いただきましたこと感謝致します。



HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ


にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

















 | ホーム |  次のページ»»