カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


夫婦問題・離婚問題専門カウンセラー

高草木 陽光(たかくさぎ はるみ)です。




夫婦間での離婚が合意している場合でも

お金の問題や子供の親権のことで

決着が着かず 揉めている夫婦が多いのです。



よく 「親権 親権」と言いますが

「親権」とは どういうものかご存じですか?



親権とは 法律的には

「身上監護権」と「財産管理権」とに分けられます。

二つを含めて「親権」と言います。



身上監護権とは・・・

子供の身の回りの世話をしたり

しつけ 教育 をしたりすることです。



財産管理権とは・・・

子供に財産がある場合 これを管理することです。

また、子供が法律行為をする必要がある場合は

子供に代わって契約や訴訟などを行うことを言います。



例えば あまりに揉めていて

全く話が前に進まない場合

母親が どうしても子供と一緒に暮らしたいのなら

親権を夫に譲って 「監護者」になる・・・

という方法もあります。

監護者になれば子供と一緒に暮らせます。



でも 一般的には

0歳~10歳くらいの子供であれば

ほとんどが 母親が親権者として

認められることが多いのが実情です。

母親に よほどな理由がない限り

父親が親権者になれることは難しいようです。



しかし 子供にとっては

大好きな お父さんと お母さんなのです。

夫婦は他人になっても

子供にとっては たった一人の 父と母なのです。

たとえ 夫婦が別々に暮らす事になっても

会いたい時に合わせてあげて下さい。



にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









スポンサーサイト



 | ホーム |