カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


若年離婚

夫婦問題・離婚問題専門カウンセラー

高草木 陽光(たかくさぎ はるみ)です。




「熟年離婚」・・・という言葉は

皆さんもご存じだと思いますが

「若年離婚」はどうですか?



最近は、結婚20年以上の熟年離婚よりも

19歳~24歳くらいの若年層の「若年離婚」が

多くなっています。

もっと大雑把に言うと

「20代の離婚」が増えている・・・って感じでしょうか。



その中でも 

「できちゃった婚」や「授かり婚」といった

つまり、妊娠をきっかけに結婚した夫婦が

早い時期に離婚することが多くなっています。



なぜなのでしょうか?



それは

「結婚した理由」や「結婚した動機」が

根本的にズレているからだと思います。

結婚した理由や動機が

「妊娠したから」だけでは

結婚生活は長続きしません。



一生一緒にいたい・・・

この人と生きていきたい・・・と

心に決めた愛する人との間に

ごく自然の流れで子供を授かったのであれば

結果的に「できちゃった婚」で結婚したとしても

すぐに離婚とは ならないでしょう・・・



妊娠をきっかけに結婚した

若年離婚者は

相手に対する気持ちが曖昧な上

結婚生活の現実を深く考えなかった

そして 

父親としての自覚

母親としての自覚を持つ前に

子供が生まれてくる・・・

若い夫婦は

結婚の理想と現実のギャップに

耐えきれなくなる・・・

そんな結果が

「若年離婚」ということなのでしょう。



若年離婚が悪いというわけではありません。

まだ若ければ

再婚のチャンスにも恵まれますし

体力だってあります。

実家の両親も まだ若いでしょうから

子育てにも協力してくれるでしょうし

経済的援助もしてくれる可能性もあります。



子供のいない夫婦の「若年離婚」なら

結婚前のような生活に戻るのに

そう時間はかかりません。



でも

どっちにしろ

離婚は しないに越したことはない・・・ってことです。



にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

















 | ホーム |  次のページ»»