カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


夫婦問題カウンセラーの高草木陽光(たかくさぎ はるみ)です。



別居の理由は様々ですが、ほとんどの場合は、「夫(妻)と一緒に居たくない」・・・
 
つまり、「離婚したい」という”意思表示”である場合が多いです。



そのような場合、一緒に生活しながら離婚の話し合いをしてきたけれど、冷静に話し合うことが出来なくて別居に至ったとか・・・

ある日、突然に別居する意思を知らされたとか・・・

何も言わず、夫(妻)が出て行ってしまったとか・・・



まぁ、色んなケースがあります・・・


出て行った相手とは、全く連絡が取れなくなってしまった・・・なんてことも多々あります。

で、その後どうなるかというと・・・

数日後に、相手の代理人・・・つまり、弁護士から「こちらは、離婚調停を申し立てますよ」というような内容の文書が送られてきたりするわけです。

相手側が弁護士を依頼していなければ、家庭裁判所から直接、離婚調停の申立書が送られてくる場合もあります。



弁護士やら、家庭裁判所やら、普段聞きなれないところから書類が送られてきた側は、焦りますよね・・・

特に、「弁護士」と聞くだけでパニックになってしまう人もいますから!

でも、落ち着いてください。



相手が弁護士を依頼したからといって、こちらも必ず弁護士を依頼する必要はありませんよ。

中には、焦って、すぐに弁護士に依頼してしまう人もいますが、「離婚調停」であれば必ずしも弁護士に依頼する必要はありません。

離婚調停に対して、どのように臨めばいいのか、どのように対処していけばいいのかということは、私たち「夫婦問題カウンセラー」は、得意とすることなのです。
 
法律のプロである弁護士への依頼は、「離婚する」と決まった時に発生する諸々のお金の問題や、その他の条件で揉めた時にお願いするのが、ベストタイミングということです。



その自分のタイミングを逃さないためにも、一度「夫婦問題カウンセラー」に相談をしていただけたらと思っています!



=====================

「夫婦力アップ!」実現ラウンジ


クリック

100個の質問や相談をしても
月1000円!!



※ facebookを利用した会員制コミュニティがスタートしました!

高草木が、テレビやブログでは言えない「ココだけの話」

夫婦力がアップする 「知って得する”知っとく”コーナー」など

質問や、ご相談にもお答えします!

是非、あなたのご参加をお待ちしています!


HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ



(夫婦問題・夫婦喧嘩)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

(夫婦再構築)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

(離婚)

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ









夫婦問題カウンセラーの高草木陽光(たかくさぎ はるみ)です。



「妻がプチ家出してしまった・」・・という旦那様、是非ご覧くださいませ~

「プチ家出をしたことがある」・・・という奥様、その心理は如何なものでしたか?

93%の妻が「プチ家出」予備軍に!妻を決断させてしまう夫のNG行動5つ


HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村


恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ

夫婦問題カウンセラーの高草木陽光(たかくさぎ はるみ)です。


先月のブログ「夫と別居しながら楽しく暮らす方法①」で

”楽しく暮らせる人の条件”などをお伝えしました。



そして、ポイントとして・・・

「なるべく長い期間、夫に気持ちよく生活費を払って貰えるようにすること」です。

というお話をさせていただきました。

今回は、そのポイントを具体的にお話させていただきますね。



別居し、そして婚姻費用の金額も決定し・・・

これで安心~♪ などと浮かれていてはいけません!



「夫に長期間、気持ち良く婚姻費用を支払い続けてもらう」

そのためには、どうすればいいのか?



妻が、必ず”やるべきこと”の1つ目は

「振り込み後のお礼」です!

夫婦関係が上手くいっている時は

「ありがとう♡」は意識せずに素直な気持ちで言えていたことでしょう。

でも、関係が険悪になってきたり

何十年も夫婦を続けていたりすると

当たり前の「ありがとう」が言えなくなってきます。

お礼は、メールでも電話でもいいと思います。

言われた御主人も、悪い気はしません。

必ず、お礼は言いましょうね!



2つ目は・・・

「1ヶ月に1度は食事に誘いましょう」

どちらかの住まいに行って食事をするのではなく

居酒屋でもいいし、お気に入りのレストランでもいいし・・・

お互いがリラックス出来そうなお店を選びましょう!



今までは、自宅で無言のまま食事をしていた夫婦も

1ヶ月、場合によっては数ヶ月後に会うことで

冷静さを取り戻し、お互いを客観的に見ることが出来るようになります。

また、久しぶりに会うことで話題も以前より増え

会話もスムーズになります。



お子さんがいる人は、もちろん家族一緒に食事をしましょう!

その時に気を付けることは

お子さんを通して会話したり、お子さんの話題ばかりだったり・・・

お子さんの事だけにならないように注意してください。



御主人とお子さんを会わせることは

今後も長期間に渡って婚姻費用を貰い続けるためには有効です。

そればかりではなく、お子さんの為にも会わせてあげる方がいいのです。



3つ目は・・・

「記念日には贈り物をしましょう」

もちろん、高価な物なんて贈る必要はありません。

”忘れていませんよ”という気持ちが伝わればOK~

郵送でも構いません。

夫の誕生日やバレンタインデーに贈り物が届けば

自然と夫も「妻に何かしてあげたい」「してあげなきゃ」という気持ちになります。



「夫に長期間、気持ち良く婚姻費用を支払い続けてもらう」ための方法を

大きく分けて3つお伝えしましたが

これは今後「離婚」を考えている人にも

「修復」を考えている人にも、おススメ出来る方法です。




「いずれは離婚したい」と思っている人も

別居中にパートナーと”良い関係”を築いておく方が

離婚の承諾を得られやすくなります。


いくら大嫌いでも、攻撃的な態度をとったり無視し続けるのは逆効果です。

そして、夫から婚姻費用を貰いながら”完全自立”を目指しましょう!

「修復したい」と思っている人は

パートナーと、程良い関係性を作ることで

”新鮮さ”を取り戻せます。


時々会って会話したり、甘えてみることで

パートナーに、結婚前の交際時期の記憶を

よみがえりやすくさせる効果もあります。



別居して悩みながら落ち込んで暮らすよりも

”別居”という「距離感」を上手く利用し

工夫して進んでいくことが幸せへの近道なのです。



なるほど~と思ったら↓↓

結婚生活 ブログランキングへ



HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村


夫婦問題カウンセラーの高草木陽光(たかくさぎ はるみ)です。



現在、別居中の人、または別居計画中の人

心は、どちらかというと不安だらけ・・・

”楽しい”なんて言葉すら思い浮かばない・・・

そんな人達がほとんどなのかも知れません。



一言で「別居」といっても、一人一人状況が違います。

自ら別居を選んだ人

相手が勝手に家を出て行ってしまった人

相手のことを、まだ愛している人

相手に対して愛情がなくなった人



あなたの気持ちや、状況によっては

別居しながら 充実し、楽しい毎日を過ごせるのです!



【別居しながら楽しい毎日を過ごせる人の条件】

●離婚や再婚を急がない人
●何事も前向きに考えられる人
●相手と時々会うことに抵抗がない人
●相手のことを愛していないけれど、友達として考えるなら問題ない人
●相手のことを愛していて、待つ覚悟がある人
●仕事をしている人
●相手のことを客観的に見れる人




例えば、こんな人の場合・・・

夫に愛はありません。

一緒に暮らすのは もう無理!

話し合おうと言っても逃げるだけの夫

話せば怒鳴るばかりで、生産的な話も出来ず

私のことを理解してくれようともしない夫

でも、離婚したら経済的にも不安だし・・・

夫と毎日顔を合わせることなく

経済的にも少し保障してもらいながら

もっと自分らしくイキイキ暮らせる方法はないでしょうか?



あります!!

ケンカをしながら、無理に一緒に生活している必要はありません。

別居することで、必然的にケンカも減りますし

時々会うことによって、客観的に相手を見つめることが出来るので

今まで以上に仲良くなることも可能です。



別居する際には、計画的な準備が必要です。

別居してからの”生活費”の確保のために

必ず「婚姻費用分担請求の調停」を申し立ててください。

そのために必要な、夫の給料明細・源泉徴収書・夫名義の通帳のコピーなど

夫の収入や、財産が証明できる書類やコピーは必ず持ってから別居すること!


もちろん、準備することは これだけではありませんが

”お金”に関する準備は最優先です。

別居後でも毎月生活費を渡してくれるご主人や

婚姻費用算定表の相場よりも 多めの生活費を渡してくれるご主人なら

この調停を申し立てなくても問題ないでしょう。



しかし、別居後の生活費を渡すことを拒んだり

子供のお小遣い程度の金額しか貰えない場合は

「婚姻費用分担請求の調停」を申し立てれば

夫の年収・妻の年収・子供の人数によって

必ず金額が決定しますので、0円ということはありません。



夫と毎日顔を合わせることなく

生活費を貰いながら 今まで出来なかった

”自分のためだけに時間を使う自由”

誰に責め立てられるわけでもなく

”好きな時に 好きなことが出来る”

”夫の顔色を伺いながら ビクビクする必要もない”

辛く苦しいのなら 思いきって別居してみる方法もあるのです。



「婚姻費用分担請求」で生活費を確保したら それでお終いではありません。

生活費を出してくれている”夫”に対して

「感謝」の気持ちを上手に伝えていくかなくてはいけません。



ポイントは・・・

「なるべく長い期間、夫に気持ちよく生活費を払って貰えるようにすること」です。

男性が これを聞いたら”恐怖”かも知れませんが・・・

まだまだ社会的に弱い立場の女性側からすれば

これも「生きて行くための工夫」なのです!

次回は、”ポイント”について もう少し詳しくお話します~




HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村


恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ




夫婦問題カウンセラーの、高草木陽光
(たかくさぎ はるみ)です。


今まで色々な人の御相談を受けていて気付くことがあります。

それは・・・

妻が望む別居と、夫が望む別居の「意識や覚悟」の違いです。


夫が別居を望み、そして家を出て行ってしまうパターンは

全てがそうだとは言えませんが、ほとんど夫が浮気しています。


浮気相手と過ごす時間を増やすため・・・

妻に対しての罪悪感から逃れるため・・・

現実逃避するため・・・

とにかく夫は

帰宅時間が遅くなった理由や言い訳を考えるのが面倒になり

妻と話し合うことを避け、何もかもから逃げたくなるのです。

つまり、夫の別居は・・・

だけ、今この時だけ、この場から逃れたいのです。



それに比べて、妻が別居を望む場合・・・

ずっと、このまま一生・・・

そして、離婚する覚悟で別居に挑みます。



夫(男)の場合・・・

「離婚したい」「お前とは離婚する」と口にしながらも

割りと「覚悟」が決まっていない場合が多い・・・


まるで、その時 思いついた言葉を そのまま言っているような・・・

そう!

後先考えず

その時に思いついた言葉を そのまま言ってしまうのが「男」!


まぁ・・・その時の素直な気持ちで、ウソではないのでしょうが

今は、浮気相手と盛り上がっている時

正常な思考ではありません。


なので、月日は様々ですが

熱が冷めると、ひょこり 妻の元に戻って来る夫も多いのです。


もちろん、その間 妻はジッと待っているだけではなく

妻としてやるべきことをする必要があります。



妻が家を出て行ってしまった場合

既に「覚悟」が決まっていることが多いので

自宅に戻ることを説得することが非常に難しくなります。


妻が そうなる前には、必ず何か信号を送っているはずです。

妻のSOSに早く気付いてあげられれば別居は避けられるかも知れません。

手遅れになる前に、日頃から妻に「興味」を持って接してくださいね。


なるほど~と思ったらポチお願いします(^_^)

結婚生活 ブログランキングへ


HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村





















 | ホーム |  次のページ»»