カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


「オレの考えが正しい」

「オレは偉い」

「黙ってオレの言うことを聞けばいいんだ」
 
「オレに口答えするな」



こんな「オレ様夫」が生息しています。


いまどき、「オレに黙ってついてこい」は通用しません。


でも、あなたが若かりし頃、そんな夫を「男らしい」というふうに勘違いして、その強引さに惹かれたのも事実かもしれません・・・


あれから、数十年・・・


夫は「男らしい」のではなくて、ただの『自己中』だった・・・ということに気がつきます。


夫は、なぜ「オレ様夫」になってしまったのでしょうか?

初めから「オレ様」だったのでしょうか?

それとも、結婚してから?


「オレ様夫」は、大きく分けて2つの工程でつくられると私は考えています。


1つは、幼少期の育った環境。

次に、結婚後の妻との関係。


「幼少期の育った環境」とは、主に「両親」との関係や、父親と母親の関係性がどうだったかということです。

たとえば・・・

父親の権力が圧倒的に強く、母親が言いなりだった家庭環境で育った場合、「夫は、妻に対してワンマンな態度でいいんだ」という認識になります。

命令口調で、偉そうで、威張っていて、妻を女中としか思っていない父親・・・

そんな父親を見ながら子供時代を過ごした場合、大人になると自分も父親のような男になります。

なぜなら、自分の父親が、その人にとっての「父親」や「夫」のモデルだったから。


また、「結婚後の妻との関係」によってつくられる「オレ様夫」は、基本的に”自分に自信がない”という特徴があります。

自分に自信がないからこそ、妻の前で”大きな自分”を装うのです。


しかし、そんな自信のない夫を製造してしまったのは、妻である貴女が原因かもしれないのです。

夫にかける言葉や、夫への態度が冷たかったり、ダメだしが多かったりすると、男という生き物は、とたんに自信を失います。

その結果、「オレ様」という鎧をかぶり、守りに入るのです。


鎧を脱がせるには、妻からの感謝の言葉や、思いやりを態度で示してあげることを習慣にすることです。

さぁ、「オレ様夫」改造計画をしてみませんか?


====================


『夫婦のための「読むカウンセリング」』
ご登録お待ちしています♪
 
登録はコチラ!

 
※ 下記のアドレスが届くようにスマホ、PCの設定をお願いいたします。
↓   ↓   ↓
haru-counseling@sweetheart-ex.com 
 
==================== 
 
・彼氏、彼女がほしい!
・恋愛関係を長続きさせたい!
・もっと甘えたい!
・結婚したい!
・好きな人から「好き」と言われたい!
・無駄なケンカを減らしたい!
・婚活ジプシーから抜け出したい!
・とにかく「恋」がしたい!
・トキメキがほしい!
・自分に磨きをかけたい!
 
どれか1つでも当てはまった人は、コチラをチェック!

 
==================== 
 
116021713458ec30db0ed75-resize.jpg
アマゾンを見る
「なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか」
(左右社)



HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ




にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村



恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ

「うちの夫、アスペルガー症候群かもしれません。ほんと、疲れます・・・」

相談者の妻から、こんなふうに言われることがあります。



「アスペルガー症候群」とは、発達障害の一種で、相手の気持ちや曖昧な言葉の意味を理解することができないなど、コミュニケーションに支障をきたしてしまったり、ある一定のことへの拘りや反応が強く現れたりする障がいです。

知的な遅れはないので、周りからは気付かれにくいことがあります。

また、専門家のような知識量をもっている人もいるので、他人からの評価は「頭はいいけど、ちょっと変わっている人」というレベルで、アスペルガー症候群だということがわかりにくいということもあります。

ですから、普通に結婚して、子供がいて・・・なんていう人も大勢いるのです。

しかし、いざ結婚生活を送っていくと、妻は夫との生活に違和感を抱きはじめます。



たとえば・・・

子供が泣いているけど、妻は食事の準備で手が離せません。

そこで、夫に「泣いているから、ちょっと見てきてー」と伝えます。

夫は、言われたとおり子供を見に行きますが・・・

「見てきたよ」と妻に伝えておわり・・・



「見てきただけかい!?」とツッコミたくなりますが、夫はいたって真面目。

アスペルガー症候群の人は、想像力に欠けるため『そのままの言葉』しか受け取ることができないので、「抱っこして
あやす」とか、「オシッコして気持ちが悪いのかな? オムツ換えようか」とか、そういった行動や考えができないのです。

そういったことが重なると、妻は常にイライラ状態が続くことになります。

でも夫は、妻がどうしてこんなに怒っているのか理解できないのです。



ただ、男性はもともと女性よりも『鈍感』なので、察しない夫が全てアスペルガー症候群とは限りません。

ホントに、『ただの鈍感』の場合もあるし・・・



アスペルガー症候群の夫や、鈍感の夫をもつ妻や家族は、そうとうな苦労をすることになります。

なかには、夫に気持ちが伝わらないことに悩み、うつになってしまう妻もいます。

そういった二次障がいを「カサンドラ症候群」というようです。



妻が、カサンドラ症候群にならないためには、早めに専門家に相談して対処法を見つけていくことです。




HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ



(夫婦問題・夫婦喧嘩)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

(夫婦再構築)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

(離婚)

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ




私が初めて“帰宅恐怖症”についての記事を書いたのは約3年前。

その後、某テレビ番組で帰宅恐怖症についてコメントしたり、取材を受けたりして今に至っていますが、相変わらず「自分は帰宅恐怖症かもしれない」と悩む男性からの相談が途切れることはありません。

最近では、妻側からも「もしかしたら、うちの夫、帰宅恐怖症かも・・・」という不安の声も聞いたりします。

「もしかして・・・」と不安に思うなら、今すぐチェックを!

↓    ↓    ↓
当てはまった人は要注意!
夫の「帰宅恐怖症度」チェックリスト10




HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ



(夫婦問題・夫婦喧嘩)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

(夫婦再構築)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

(離婚)

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ

借金をすることが「悪いこと」ではなくて、パートナーを不安にさせてしまうことが良くないということです。

「夫の借金グセをどうにかしたい」と、不満を感じている妻は少なくありません。

夫の借金グセは、こうしてなおしましょう〜

続きはコチラで!

↓     ↓     ↓
夫の借金グセは改善できる?



HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ



(夫婦問題・夫婦喧嘩)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

(夫婦再構築)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

(離婚)

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ


夫の「借金問題」に悩んでいる妻は少なくはありません。
 
そこで、今回は、「夫の使途不明金について知る方法」についてお話させていただいています!
 
コチラをご覧下さい~
↓     ↓     ↓

夫の「使途不明金」を知る方法!





HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ




(夫婦問題・夫婦喧嘩)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

(夫婦再構築)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

(離婚)

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ



 | ホーム |  次のページ»»