カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


現代に限ったことではなく、昔から夫や妻の“浮気”はありました。


今では“男女平等”が尊重される時代になりつつありますが、“男尊女卑”が当たり前だった時代は、夫が外に女性をつくっても、「妻は耐えなければいけない」という風潮が強かったように感じます。


しかし時代が変化するごとに、男女の意識や社会の意識も変わり、女性が外で働くことが当たり前になってきたことで、“妻の浮気”が目立つようになってきたのではないかと考えています。


そこで今回は、男女の“浮気の心理”について、詳しくお伝えします。

続きはコチラから
↓   ↓   ↓

7,000人の相談事例から分かった!
男女で異なる「浮気の理由」6つ




===============
メルマガ登録はコチラからお願いします!
↓   ↓   ↓
夫婦のための「読むカウンセリング」

※ 下記のアドレスが届くようにスマホ、PCの設定をお願いいたします。
↓   ↓   ↓
haru-counseling@sweetheart-ex.com 
 
==================== 
 
116021713458ec30db0ed75-resize.jpg
アマゾンを見る
「なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか」
(左右社)


カウンセリング、ご相談のご予約はコチラ



にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村



恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ

2016年、"ゲス不倫"というフレーズが流行語になるなど、世間で話題となった、著名人の相次ぐ不倫騒動の数々。

今年に入ってからもなお、浮気・不倫報道は跡を絶ちません。


しかし、そうした浮気や不倫問題は決して他人事ではなく、身近でも十分起こり得る可能性が・・・

続きはコチラで!

夫は"幸せボケ"から浮気をする? 
妻が夫に対してとるべき対策法とは





===============
メルマガ登録はコチラからお願いします!
↓   ↓   ↓
夫婦のための「読むカウンセリング」

※ 下記のアドレスが届くようにスマホ、PCの設定をお願いいたします。
↓   ↓   ↓
haru-counseling@sweetheart-ex.com 
 
==================== 
 
116021713458ec30db0ed75-resize.jpg
アマゾンを見る
「なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか」
(左右社)



HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ




にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村



恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ




多くの不倫問題、浮気問題のご相談を受けるなかで、気づいたこと・・・

それは、ほとんどの不倫が、「職場」で発生しているということ!



多いのは、会社の「上司と部下」の関係。

「既婚男性の上司と、独身の女性部下」ってパターンが多いですね・・・

ときどき、「独身の女性の上司と、既婚男性の部下」ってこともあります。

「W不倫」もありますね・・・



なぜか、「同僚」との不倫・・・ってあまり聞きません。

「同僚」って、ライバル意識や、仲間意識のほうが勝ってしまうのかもしれません。



女性は、「結婚している男」に弱い傾向があるようです。

既婚男性の上司で、仕事ができて、見た目もまぁまぁであれば、惹かれる女性もでてきて当然です。

男性は、すでに「妻」を得ているので、それほどガツガツしたところは見せないでしょうし、余裕のある振る舞いをするでしょう。

同年代の男性と比べて、経済的にも、女性への気遣いも、器の大きさも、何もかもが「余裕」があるように見えてしまうものです。



でも、実際には、「ちっさい男だった!」なんて場合も多いんですがね・・・(^_^;)



上司は、貴女の前では、カッコ悪いところなんて見せないようにしているに決まっているのに、自分が見たすべてが、「彼のすべて」だと思い込んでしまうのが、不倫への入り口です。

上司に「本気」なる前に、冷静に彼の「裏側」も想像してみてくださいね。


116021713458ec30db0ed75-resize.jpg
アマゾンを見る
「なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか」
(左右社)



【恋愛・結婚生活が「うまくいく私」になれるセミナー】
 
7/9(日)
13:30〜16:30
東池袋「あるすぽっと」
5/31までのお申し込みの方は、5,000円!
 
詳細はコチラ

恋愛・結婚生活が「うまくいく私」になれるセミナー





【メルマガ登録はコチラ】
↓   ↓   ↓
夫婦のための「読むカウンセリング」



HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ




にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村



恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ

会社の忘年会をキッカケに、気になる人と急接近!

そんなことが起こってしまうのが「12月」なのです。あまり浮かれていると、パートナーから思いもよらぬ”爆弾”が落とされるかもしれません......。

探偵と夫婦問題カウンセラーが対談!

是非、ご覧ください♪
↓    ↓    ↓
【不倫現場】探偵と夫婦問題カウンセラーが対談!
“浮気調査”がもっとも多い12月の実態




HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ



(夫婦問題・夫婦喧嘩)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

(夫婦再構築)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

(離婚)

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ

夫側も妻側も、不倫関係に陥りやすいのは「職場の人」です。

同じ会社の人、取引先の人など。



最近は、妻の不倫問題で相談に訪れる男性も増えています。

しかし、ほとんどの夫は「離婚はしたくない」と言います。

「妻のことが好きだから」と言う人もいますが、「妻のことは好きかどうかはわからないけれど、子どもと離れたくない」と言う男性が大半です。



妻と別居したり、離婚したりすることになれば、妻が”子ども”を一緒に連れて家を出ることは目に見えているので、ほとんどの男性は、それを恐れているのです。

「妻はどうでもいいけれど、子どもと離れるのは考えられない」という本音を語る人もいます。



妻が他の男と浮気をして「有責配偶者」となった場合でも、子どもの「親権」は切り離して考えるため、子どもが小さければ特にですが、子どもは母親側に引き取られることが多いのです。

「浮気したのは妻なのに、そんな理不尽なことがあってたまるか!」と感情的になってしまう男性のお気持ちも理解できますが、現実は厳しいようです。



そのようなこともあり、「不倫した妻を許そう」という気持ちの男性が少なくありません。

しかし、なかには、「妻に家を出て行かれては困る」という思いから、妻の不倫に関して強く言い出せない夫がいます。

その結果、妻の不倫を”黙認”しているような状態になってしまうのです。



それでは夫の神経がもちませんし、そのままで良いはずがありません。

「妻の浮気をやめさせて、夫婦関係を修復したい」というのであれば、まずは、浮気をやめさせる対処をしてから、本格的な修復に専念するほうがいいでしょう。

その人それぞれ状況が異なりますから、お話をお聴きしながら一緒に作戦を練ります。

お困りの場合は、一度ご相談ください。




HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ



(夫婦問題・夫婦喧嘩)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

(夫婦再構築)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

(離婚)

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ

 | ホーム |  次のページ»»