カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


夫婦が離婚することは仕方のないことです。

家庭のなかがピリピリしていたり、夫婦喧嘩が絶えない環境におかれたりする子どものことを思うと、離婚しない夫婦のほうが「悪」のようにも感じたりすることもありますから・・・。


離婚することによって子どもを引き取ることになった親のほとんどは、「これからは自分1人で子どもを育て上げないといけない」という気持ちでいます。


今まで私もカウンセリングの際、離婚を決断して子どもを引き取ることになった相談者には、そのような意識や覚悟が必要だということをお伝えしてきたこともあります。


しかし、夫婦が離婚しても、子どもにとって「親」は一生変わらないのです。


そう考えてみると、自分たちが離婚したからといって、どちらか一方の親が今後の子どものすべてのことに責任をもつことや、引き受けること自体が「不自然」のように感じます。


つまり、離婚後も「子どもの養育」には、元夫(元妻)も当然”関わるべき”だと思うのです。


現実的に多いのは、妻と子どもが一緒に生活していて、離婚した夫は子どもに会わせてもらえない・・・とか。

養育費を支払っていないとか。

養育費を支払っていても、子どもに会わせてもらえない父親も多いのが現実です。


子どもを引き取った母親側は、自分1人で子どもを立派に育てようと必死に働き続けます。

そこには、元夫と自分だけの「感情」の問題が絡んでいることが少なくありません。

自分は、元夫と関わりたくないのです。

そして、子どもの感情を見て見ぬ振りをしてしまうのです。


あなたと元夫との間の感情と、子どもの感情は別だとうことを、もっと冷静に考えていただきたいのです。


離婚をしても、子どもと元夫を会いたいときに会わせ、子どもの将来のことを時々話し合い、必要な教育費をお互いのできる範囲のなかで捻出していける関係を作り上げることが、「子どものためにできること」ではないかと思うのです。


離婚してお互い憎しみ合う元夫婦もいます。

ですが、子どものため、自分のためと思うならば、離婚後の「歩み寄り」は、誰にとっても「損」ではありません。


今からでも、「子どもの親」としてのタッグを組むことは可能なのです。




===============

メルマガ登録はコチラからお願いします!
↓   ↓   ↓
夫婦のための「読むカウンセリング」

※ 下記のアドレスが届くようにスマホ、PCの設定をお願いいたします。
↓   ↓   ↓
haru-counseling@sweetheart-ex.com 
 
==================== 
 
116021713458ec30db0ed75-resize.jpg
アマゾンを見る
「なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか」
(左右社)


カウンセリング、ご相談のご予約はコチラ



にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村



恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ






私のところには、「子どもが問題行動を起こす」という内容で、ご相談にいらっしゃる人もいます。

どんな「問題行動」かというと、たとえば・・・


・親の財布からお金を盗む
・万引きをする
・友達とケンカをして怪我をさせる
・不登校
・暴言・暴力



子どもの年齢にバラつきはありますが、主に上記のような内容です。


みなさん、お子さんを愛しているからこそ、「なんとかしたい」という思いでご相談に訪れるわけです。


「どう改善したいのか?」ということをお訊きすると・・・


・親の財布からお金を盗まない子どもになってほしい。
・万引きをしない子どもになってほしい。
・友達に怪我をさせない子どもになってほしい。
・毎日学校に行く子どもになってほしい。
・暴言、暴力をしない、優しい子になってほしい。



当然だと思いますが、このような返答が返ってきます。


「今まで、どのようなことをしてきたのか?」ということをお訊きすると・・・

ほとんどの親御さんが、「散々、ケンカをしないように言って聞かせました」とか、「〜することは悪いことだと言っています」とか、「学校に行くように言っているんですが、言うことを聞かなくて・・・」とか。


正直、それで改善に繋がったら奇跡でしょう。

一時的には、「治ったように見える」かもしれません。


「〜しないように」ということを「言って聞かせる」ということは、子どもを「コントロールしようとしている」ということに他なりません。


それは、親であるあなたが、子どもが問題行動を起こすに至った「根本的な原因」を全くわかっていないということです。


あなたは今まで、お子さんの話を聴いてきましたか?

「聞く」ではありません。

「聴く」ことをしてきたか?ということです。

「聴く」ということは、「受け止める」ということです。


途中で話を遮って、自分(大人)の意見を押し付けたり、「危ないからやめなさい」とか「それには反対よ」とか・・・そんな否定的な言葉を言っていたりしませんでしたか?


そう言われ続けた子どもは、自分の「存在価値」を見失います。

そして、「愛されていない」と感じます。


子どもの「問題行動」は、「親」へのメッセージなのです。

もっと、話を聴いてよ!」

「自分を認めてよ!」

「尊重してよ!」

「愛してよ!」



お子さんの問題行動をやめさせるためには、あなた自身が、子どもと「本音」で向き合っていくことが何よりも大事なのです。




===============
【電子書籍が発売になりました】

なんと、37ページ分が無料で「試し読み」できます!

116021713458ec30db0ed75-resize_20171029163720946.jpg


コチラから
↓ ↓ ↓
試し読み

===============

メルマガ登録はコチラからお願いします!
↓   ↓   ↓
夫婦のための「読むカウンセリング」

※ 下記のアドレスが届くようにスマホ、PCの設定をお願いいたします。
↓   ↓   ↓
haru-counseling@sweetheart-ex.com 
 
==================== 
 
116021713458ec30db0ed75-resize.jpg
アマゾンを見る
「なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか」
(左右社)


カウンセリング、ご相談のご予約はコチラ



にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村



恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ









子どもにとって、「母親」とは”クリーン”な存在。

母親には、「女」であってほしくない・・・と思うのが子どもの心理だ。

母親は「母親」じゃなきゃダメなんだ。



オシャレしてるお母さんは好きだけれど、オシャレして「男」に会いにいくお母さんは大嫌い。

でも、お父さんとお母さんが仲良くしているのは大好き。

子どもは、母親の「女の部分」に嫌悪感を抱く。

それが「子ども」の心理。



自分はどうだったか?

自分も、自分の母親の「女の部分」なんて見たくないと思うだろう。

母親には「母親」であってほしい・・・という思いがある。



しかし、自分が大人になって、初めて理解できることもある。

母親だって、「女」なんだ、ってこと。



子ども心にしたら、わかりたくもないけれど、自分が母親になってみると「わかってほしいこと」もある。

「私は、母親でもあるけれど、”女”でもあるんだぞー」って・・・

子どもの前では言えないけれど、そう叫びたい人もきっといるに違いない。



でも、子どもの前では「母親」でいてほしい。

完璧じゃなくてもいい。

めいいっぱい、愛してあげれば、それでいい!



===============

11/12(日)富山県「朝活セミナー」
詳細は、コチラをご覧くださいませ♪
↓   ↓   ↓
『ネットワーク朝活富山』
「男と女」はこれほど違う!
夫婦関係、男女関係が、みるみる好転
自分の思いがスムーズに伝わる「伝え方のコツ」



===============

メルマガ登録はコチラからお願いします!
↓   ↓   ↓
夫婦のための「読むカウンセリング」

※ 下記のアドレスが届くようにスマホ、PCの設定をお願いいたします。
↓   ↓   ↓
haru-counseling@sweetheart-ex.com 
 
==================== 
 
116021713458ec30db0ed75-resize.jpg
アマゾンを見る
「なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか」
(左右社)


カウンセリング、ご相談のご予約はコチラ



にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村



恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ










不登校、リストカット、摂食障害・・・

あなたは、子どもが発信している「SOS」に気がついていますか?

子どもに対して、こんなふうに対応していませんか?

続きは、コチラをご覧ください。
↓    ↓    ↓
「子どもが変わってしまった」とボヤく親がやりがちな4大NG行動



HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ



(夫婦問題・夫婦喧嘩)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

(夫婦再構築)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

(離婚)

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ

夫婦問題カウンセラーの高草木陽光(たかくさぎ はるみ)です。



ここ数年、“母子世帯の貧困化”が問題となっており、社会問題として様々なメディアで取り上げられています。

シングルマザーと、その子どもたちのために、国や行政が取り組むべき課題が沢山あると思っています!

しかし!  

日本の制度が変わるのを待っているだけではなく、現在の環境の中で出来ることにフォーカスしていくことが、シングルのママにとっても、子どもにとっても大切な一歩なのではないかと感じます。

つづきはコチラ

↓    ↓
離婚だって幸せへの第一歩!
子どもがノビノビ育つ「シングルマザーの心得」





=====================

「夫婦力アップ!」実現ラウンジ


クリック

100個の質問や相談をしても
月1000円!!



※ facebookを利用した会員制コミュニティがスタートしました!

高草木が、テレビやブログでは言えない「ココだけの話」

夫婦力がアップする 「知って得する”知っとく”コーナー」

質問や、ご相談にもお答えします!


HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ



(夫婦問題・夫婦喧嘩)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

(夫婦再構築)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

(離婚)

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ

 | ホーム |  次のページ»»