カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


たとえば、あなたの夫が浮気をしていたとします。

浮気相手は、夫の学生時代の同級生で、シングルマザーの女性。

現在は、生命保険会社で働いています。

あなたは、夫と女が言い逃れできない「浮気の証拠」をつかんでいます。



あなたは、どうしても浮気相手の女を許すことができません。

そこで、弁護士に依頼し、女に慰謝料の請求をすることにしました。



請求額は、500万円!

本当は、この金額でも納得がいかないと思っています。



さて、浮気相手の女から、500万円を支払ってもらえる可能性はあるのでしょうか?



まず、500万円を請求して、この金額を支払ってもらえる可能性は、ハッキリ言って「ほぼ、0%」でしょう。

もしかして、とーっても裕福で、いさぎよい女性なら支払ってくれることもあるでしょう。

でも、そんな人は稀です。



しかも、あなたが、「夫と離婚したくない」と思っている場合、夫婦が離婚しない場合の慰謝料の相場は、よくて150万円くらい、多いのは50万円〜100万円くらいで和解するのが一般的です。



浮気していた「月日」、つまり「どのくらい付き合っていたか」ということも金額に関係してきますし、そもそも相手の女に支払える財産がなければ、支払ってもらえませんしね・・・。



仮に、このことが原因で、あなたと夫が離婚することになった場合は、相場的には300万円くらいですが、これもまた「夫次第」と言っても過言ではありません。



夫が、「慰謝料を1000万円支払う」と言えば、そうなりますし・・・

「50万円しか支払いたくない」と言えば、その額に同意するか、自分で交渉するか、弁護士に相談するしかないでしょうね。



でも、あなたが離婚しないで女に慰謝料請求する場合も・・・

離婚することになって夫にも女にも慰謝料請求する場合も「冷静な判断」と「準備」が必要なんです!



やみくもにギャーギャー騒いでいるだけでは、取れるものも取れないで終わってしまう場合がありますから。

まずは、「どう攻めるか」を考えないとね!

お悩みの方は、ご連絡ください^ ^




===============

メルマガ登録はコチラからお願いします!
↓   ↓   ↓
夫婦のための「読むカウンセリング」

※ 下記のアドレスが届くようにスマホ、PCの設定をお願いいたします。
↓   ↓   ↓
haru-counseling@sweetheart-ex.com 
 
==================== 
 
116021713458ec30db0ed75-resize.jpg
アマゾンを見る
「なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか」
(左右社)


カウンセリング、ご相談のご予約はコチラ



にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村



恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ



夫婦問題・離婚問題専門カウンセラー

高草木 陽光(たかくさぎ はるみ)です。




ハリウッドスターのトム・クルーズが

3度目の離婚をしたそうですね。

ハリウッドスターの離婚・・・と言えば

気になるのは「慰謝料の金額」という人も多いのでは?



トム・クルーズが今回支払う慰謝料は

前の2回に比べて だいぶ少ないとか・・・

と言っても 12億円くらいと言われています。

前の妻に支払った慰謝料が 90億円だったので

そう考えると だいぶ安いわね・・・と

もはや 私達も だんだんマヒしてきてしまいます・・・



ハリウッドセレブの慰謝料の額は

想像するにも出来ないくらいの金額です。

何十億は当たり前?

100億 200億 300億・・・

ちなみに タイガー・ウッズが元妻に支払った慰謝料は

663億円だそうです!



「離婚時の慰謝料って そんなに貰えるんだ」と思っている人!

誰もが 貰えるわけではありませんので

その辺は 現実を見つめてくださいね。



夫がハリウッドスターなみに稼いでいるなら

もしかして 有り得るかも知れません。



中には 今回のタイトルのように

「慰謝料はいくら請求できるの?」って思っている方もいるでしょう。

答えは・・・「いくらでも請求出来ます」です。



相手に いくら請求しようが 本人の自由です。

しかし 請求した金額を必ず貰えるわけではありません。

相手に支払能力が無ければ 

それなりの金額で話をまとめるしかないわけです。



日本では 相手が芸能人や有名人でない限り

何千万 何億 なんていう慰謝料は

無いと考えた方がいいかも知れませんね。

どんなに酷い精神的苦痛を味わったとしても

現実 貰える慰謝料は 何十万~数百万円くらいだと思います。



トム・クルーズのようなハリウッドスターとなら

「離婚するための結婚」をして

慰謝料稼ぎ? するような人も現れても おかしくないですが

この日本で「慰謝料」を 沢山もらって

これからの生活に・・・と期待する人がいるとするなら

その考えは やめておいた方が無難です。



しかし 自分の中で「ケリ」を付ける・・・という意味で

慰謝料を きっかけに区切りをつけることは良いことだと思います。

貰えるものは しっかり貰いましょう!


HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ


にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村















夫婦問題・離婚問題専門カウンセラー

高草木 陽光(たかくさぎ はるみ)です。




離婚問題で揉めている夫婦の中には

慰謝料を支払う支払わない・・・

という問題や 金額の問題などで

話が前に進まない状態の人達も多いのでは?



話が そこまで行っているということは

もう 離婚にはお互い合意が取れていることが多く

後は 条件さえ合えば・・・ということですね。



問題なのは その「条件」なんですよね・・・

間に弁護士が入っていれば

折り合いの付きそうな条件を

あれやこれやと提案したり説得したりしてくれそうですが

それでも決まらない時は決まらない・・・



まだ話し合いの段階なので

弁護士に依頼せずに

自分達だけで出来るだけ話をつけたいって人も多いと思います。

そんな場合・・・

いきなり相手に「慰謝料払って!」と言っても

すんなり払う人が どれだけいるでしょうか。



自分が相手によって どれだけ苦しめられ

精神的苦痛を味わってきたか・・・を唱えても

また 相手も 充分に理解しているとは言え

「慰謝料」という言葉、「慰謝料」という響きに

嫌悪感を感じ

そして

「慰謝料」という言葉を発した

アナタへも嫌悪感を感じてしまうのです。

その結果・・・

支払いを拒んだり 

希望の金額よりも だいぶ減額されたりするわけです。



そこで!

「慰謝料」という言葉は封印し

その代わりに「解決金」という言葉を使って

相手を説得する方法もあります。



「慰謝料」と相手から言われるより

「解決金」と言われた方が

すんなり受け止められやすいのです。

内容は 同じ「お金」なんですけどね・・・



もちろん「慰謝料」「解決金」という

言葉だけの問題ではありません。

話し合いの仕方、進め方が大事です。

相手を興奮させないよう

そして 相手が

「まぁ、仕方ないか・・・」と言いながらも

条件を呑んでくれるように

話を持っていかなくてはいけません。

とても労力のいる作業です。

時間もかかります。



二人が夫婦として築いてきた年月は

決して短くはないと思います。

その二人が離婚するということは

それ相応の時間がかかる・・・ということなのでしょう。


HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ



にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村











慰謝料

夫婦問題・離婚問題専門カウンセラー

高草木 陽光(たかくさぎ はるみ)です。




慰謝料とは 

精神的苦痛を与えた者に対する損害賠償です。

離婚の場合の慰謝料の多くは

不貞や暴力・・・

といった有責行為を行った者に対する

損害賠償請求です。



「慰謝料」と聞くと

とんでもなく高額なイメージがありますが

誰でもが 芸能人バリの金額の慰謝料を

支払ってもらえるわけではありません。



まず 精神的苦痛を受けたということを

立証できなければ いけませんし

夫婦双方に離婚原因がある場合や

「性格の不一致」などの理由で離婚する場合は

慰謝料は請求できません。



請求できたとしても

相手に支払能力がない場合などは

意味がありません。

無い袖は振れない・・・ってことですね。



慰謝料請求する場合は

こんな苦痛を受けた、こんなに酷いことをされた

という確実な証拠が必要です。

夫婦の協議で 

お互い納得する金額が決まれば

一番いいですよね・・・

相手に とんでもない金額を吹っかけて

ダメもとで言ってみたら

すんなり支払ってくれたわ!?

ってなれば 話しが こじれずに終わります。

が・・・そんなに上手くいく人は少ないので

調停の場で話し合うか

弁護士さんにお願いするかの

どちらかに なってくるでしょうね。



離婚するとなると

色々なお金の問題が降りかかってきます。



にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村









 | ホーム |