カテゴリ


最新記事


Facebookページ

「いいね!」お待ちしています

月別アーカイブ


Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花


最新コメント


最新トラックバック


ウエディングのWEB情報サイト「マリアル」より♪
↓   ↓   ↓
夫婦で問題・喧嘩になりやすい事例集


夫婦で問題・喧嘩になりやすい事例集Ⅱ


HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ




にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村



恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ

精神科医であり作家でもある樺沢先生が、私の著書をわかりやすく説明してくださっています〜〜

ぜひ、ご覧ください!




プレゼント付きの「感想キャンペーン」4/16(土)まで!!
詳細は、コチラ

↓  ↓  ↓
アマゾンレビュー、ブログ、SNSに感想や気づきを書いてプレゼントをゲットしよう!

Amazonで購入



HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ




にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村



恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ

仮面夫婦とよばれる夫婦は、その名のとおり端からみると一見仲良く見えたりするケースも多いのでわかりにくいですが、実際はけっこういるんです・・・

つづきはコチラから
↓   ↓   ↓
意外と多い!
愛情ゼロでも離婚しない「仮面夫婦」の特徴と切実な理由



116021713458ec30db0ed75-resize.jpg
なぜ夫は何もしないのか
なぜ妻は理由もなく怒るのか
(左右社)





HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ




にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村



恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ





人は、責められるとどうなるか?

たとえば、妻が夫を・・・

「どうして、あなたはいつもそうなの!」
「なんで、毎日こんなにも帰りが遅いの!」


そして夫は・・・

「だって、何も言わなかったじゃないか!」
「そんなこと言ったって、仕事なんだからしかたないだろ!」




人は、責められると”守りに”入ります



妻にとっては、夫の「言い訳」にしか聞こえませんが、それは「守り」なのです。

これは、夫にとっても「無意識」の反応です。



責めれば責めるほど、夫は「守り」に入り、それがエスカレートしていくと・・・

さらに自分を守るため、「攻撃」します。

たとえば、「オマエだって、いつもやることやってないじゃないか!」というように、妻を「批判」しに掛かるのです。



そして、妻も攻撃します。

すると夫は、黙ります。

これも、「守り」です。

自分を守ることもでもありますが、妻を守ることでもあるのです。



夫が黙っていること(守り)を、さらに責め続けるとどうなるか・・・

感情を抑えきれない夫は、ぶちギレます。



こうならないためにも、相手を責めるような「言い方」ではなく、自分の気持ちや希望を素直に伝えるようにしましょう。

「私は、あなたと話をする時間がもっと欲しいの」

「約束を守ってくれなかったから悲しかった」

「どうして」「なんで」を相手にぶつけるのではなくて、こんなふうに「私の気持ち」を伝えるようにしてみると、相手に受け止めてもらいやすくなりますよ!




HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ



(夫婦問題・夫婦喧嘩)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

(夫婦再構築)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

(離婚)

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ



よく聞くのが・・・

「私と夫は価値観が合わないから、今後も一緒にはいられません」

「僕と妻は、価値観が違いすぎるので別れたほうがいいのかなと思うのです」



こんな言葉を聞くたびに思うのです。



「価値観が違うからオモシロイのです!」と。



数十年間、まったく違う環境で育ってきたのですから、価値観が合わなくて当然なのです!

問題なのは、「価値観の押し付け」です!



自分の価値観を相手に押し付けようとしている人が多くいます。

それは、「自分の意見に従え!」と言っているのと同じであるってことに気づいてください。

「価値観の押し付け」が発生すると、夫婦は破滅に向かいます。



価値観が違っていいではないですか。

価値観が違ったら、「そうね。そういう見方や考え方もあるのね」と受け入れて、「でも、私はこう思うのよね」と自分の考えを伝えることによって、「価値観のスリ合わせ」をしながら、お互いの「新たな価値観」を生み出していければいいのです。

それが、お互いを「尊重する」ということなのです。



夫婦の「新たな価値観」を生み出すことができない夫婦なら、その後の違った生き方を考えるほうがいいのかもしれません。



HaRuカウンセリングオフィスのHPはコチラ



(夫婦問題・夫婦喧嘩)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ
にほんブログ村

(夫婦再構築)
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村

(離婚)

恋愛・結婚(離婚) ブログランキングへ

 | ホーム |  次のページ»»